株式会社ジー・エフ 声を、贈ろう
 
ニュースリリース | プライバシーポリシー | 採用情報 | サイトマップ | 会社概要 
HOME製品・サービス事例セミナー情報GFサクセスボックスお問い合わせ
ニュースリリース
低コスト「発信型無人コンタクトセンター」システムを開発
電話・E-mail・FAXが連動して自動運転。法人客開拓も可能に
全自動テレマーケティング・システム開発の株式会社ジー・エフは、全て自動運転して無人オフィスであっても利益を生む営業活動を可能にする、低コストの発信型無人コンタクトセンターシステム「オートコンタクトシステム」を開発し、2月23日から全国で発売を開始します。
「オートコンタクトシステム」は、電話・Eメール・FAXが連動しており、電話をかけて相手側の承諾を得るとその内容に連動してFAXでの情報提供を行い、また承諾を得た相手の情報を指定のメールアドレスに即時送信することが可能で、電話結果の戦略的分析集計までを全て無人で行うシステムです。
新規顧客開拓のアポイント取り付け、ルート営業の省人化、訪問販売・通信販売における潜在顧客の発掘、各種マーケットリサーチに活用できます。
コールセンターやコンタクトセンター業務をコンパクトにまとめ、電話オペレーターを介さない自動運転にすることにより、大幅に人件費を削減し低コストでの運用を可能にしました。
コールセンターやコンタクトセンターは受信(インバウンド)業務中心で運用コストが高く比較的大手企業に利用が限られておりました。株式会社ジー・エフは低コストの発信型無人コンタクトセンターシステムを投入することにより中小中堅企業にまで対象市場が拡大するとみて、本製品の開発を行いました。
「オートコンタクトシステム」は、法人客向け(BtoB)発信と個人客向け(BtoC)発信の2つの機能を持っています。
法人客向け(BtoB)発信では新規取引先の開拓などを想定しております。例えば、下記(1)〜(5)の一連の作業を無人化して行い、電話・FAX送信・コンピュータの分析集計の連動により新規取引先の開拓を行います(特許申請中)。
(1) 電話による担当者の呼出し
(2) 呼出した担当者に商品案内資料のFAX送付希望を質問
(3) 商品案内FAXの送付許諾を得て、FAX番号の入力を依頼
(4) 商品案内資料をFAX送信
(5) 送信済み法人客の一覧表を出力
無作為に送信される迷惑FAXと異なり、電話で承諾を得たFAX先のアポイント取得率は非常に高く(33%以上、弊社の実験結果による)効率的な新規取引先の開拓を可能にします。
個人客向け(BtoC)発信では訪問販売業や流通小売業などでの見込客発掘を想定しております。例えば、下記(1)〜(4)の一連の作業を無人化して行い、電話・Eメール送信・コンピュータの分析集計の連動により新規見込客の即時発掘を行います。このため「電話で回答を得てから30分以内でのカタログお届け」といったことも可能です。
(1) 電話により商品を案内
(2) カタログ送付の希望有無を質問
(3) 希望と回答した方の住所、氏名、電話番号を待機中の営業マンの携帯電話にEメール送信
(4) カタログ希望と回答した個人客の一覧表を出力
その他の「オートコンタクトシステム」の主な新機能は以下の通りです。
・  携帯電話への電話発信
・  話し手の「はい」、「いいえ」などの音声を認識する音声認識機能
・  システムを大型化、一度に16回線使用
1日に10時間稼動させると、約1万件の電話発信が可能
1時間当りA4原稿1枚分をファインモードにて約700件FAX送信可能
・  合成音声や録音しておいた肉声による顧客名呼び出し
・  担当者が不在の場合のリダイヤル
・  タックシールの郵便番号バーコード印刷
掲載記事
日経産業新聞、日経流通新聞(2004/2/24)
オートコンタクトシステムについてのお問い合わせ
TEL:03-5978-2261
ニュースリリース

お問い合わせ

(株)ジー・エフ
TEL:0120-18-4477
E-mail:
webmaster@gf-net.co.jp
お問い合わせフォーム
このページのトップへ戻る
HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | 採用情報 | サイトマップ | お問い合わせ
株式会社ジー・エフ 〒112-0012 東京都文京区大塚3-20-1吉田ビル TEL : 03-5978-2261 FAX : 03-5978-2260