株式会社ジー・エフ 声を、贈ろう
 
ニュースリリース | プライバシーポリシー | 採用情報 | サイトマップ | 会社概要 
HOME製品・サービス事例セミナー情報GFサクセスボックスお問い合わせ
ニュースリリース
最先端音声認識技術を活用した電話応答ASPサービスを開始!
〜吹き込まれた住所を自動的に書き起こす〜
株式会社ジー・エフ(東京都文京区、代表取締役社長:仲吉昭治、以下ジー・エフ)と株式会社アドバンスト・メディア〈東京都豊島区、代表取締役社長:鈴木清幸、以下アドバンスト・メディア〉は、電話音声応答システムと音声認識エンジンを使用する低コストの電話応答ASPサービスを共同で提供します。10月1日より試用提供を開始し、11月より正式に提供予定です。
ジー・エフは、電話音声応答システムのサービスを行っており、主として中小企業を対象としたローコスト型のオートコールシステム等を開発してきました。2000年からは、独自の技術によるインターネット統合型音声応答システム「ボイスコンバータ」を開発し、インターネット上で動作する自動電話応答システムサービスを提供してきました。これは、インターネットのホームページや送信フォームを音声化し、その結果をサーバに送信したりブラウザ上で閲覧したりできるサービスで、自動電話応答システムサービスをインターネット上で複数の企業に提供するASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)としてのサービスを可能にするものです。
アドバンスト・メディアは、独自の技術による日本語音声認識システムAmiVoiceを開発し、“声”でデータ入力などができる各種ソリューションを提供してきましたが、本年4月には電話による音声認識データ・エントリ・システムを完成させました。このシステムは、電話をかけているエンドユーザ音声を録音し、通話終了後に録音した音声を認識して文字に変換し、音声自身と音声認識結果の文字の双方にインターネット経由でアクセスして確認・修正ができるものです。
今回、両社が共同で提供するのは、ジー・エフのインターネット統合型音声応答システムに、アドバンスト・メディアの音声認識データ・エントリ・システムを組み込んだサービスをASPとして提供するものです。もともと両社とも、それぞれインターネット上で動作するサービスの開発を終えていたため、両社のシステムが協調して動作するシステムの開発が短期間で可能となり、要望の多い住所認識を低コストで提供可能なASPサービスとして提供することを実現しました。
従来、電話音声応答システムと音声認識の組み合わせは、電話をかけている間にエンドユーザの音声を認識してリアルタイム処理し、エンドユーザに認識結果の確認を求めるものでした。従来システムは、エンドユーザには確認作業のわずらわしさと人との会話よりも長い通話時間、サービス運営者には長い通話時間に起因するコスト高を発生させ、それが自動電話応答システムの普及を阻害する原因のひとつとなっていました。また、このような即時認識によるシステム開発は多大な投資を必要としており、音声認識技術の普及にあたっては大きな障害となっていました。しかし、多くのアプリケーションにおいて、リアルタイム処理は必ずしも必要ではないものです。今回提供のサービスは、リアルタイム処理に替えて、インターネット経由で専門グループによる書き起こしを提供し、また音声認識により書き起こしの効率を向上させることで、低コストを実現するものです。また、確認作業自体を自社で行うユーザーに対しては、音声認識結果そのものだけを提供するサービスとすることでより低コストのサービス提供も可能となっています。 さらに、インターネットを利用したASPサービスとすることで、1社単独では多大な開発投資・設備投資・保守運営費用が必要とされるところを、アプリケーションやリソースの共同利用によってさらに低価格で提供することを可能にしました。
具体的には、以下の点で低コストが実現されます。
音声応答サービスによる、有人対応コストの減少
1コールあたりの所要時間の短縮による、電話設備コスト及び通信コストの減少
音声認識負荷の平準化による、音声認識用ハードウェア・コストの減少
書き起こしに音声認識を用いることによる、書き起こしコストの減少
電話応答サーバの共同利用による設備投資の減少
各種サーバの共同利用による保守運営コストの減少
住所認識辞書の共同利用によるコストの減少
インターネット環境の低コスト化のメリットをそのまま享受
このサービスが適用できる主な分野として、以下のものがあります。
資料請求受付など、住所・氏名の入力
休日や夜間の予約受付など、受注のための入力
各種会員や証明書等の住所移転の自動受付
例えばテレビ・ショッピングの送付先住所・氏名の入力の場合、リアルタイム処理の場合と比較して電話設備コストがおよそ2分の1、音声認識用ハードウェア・コストがおよそ10分の1、音声認識を用いない人手の書き起こしと比較して書き起こしコストがおよそ4分の1になります。
※ 上記記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
※ 上記製品発売時期などについては予告無く変更する場合があります。
【サービスについてのお問い合わせ】
株式会社 ジー・エフ
TEL:03-5978-2261
FAX:03-5978-2260
【アドバンスト・メディアについて】
URL:http://www.advanced-media.co.jp/
ニュースリリース

お問い合わせ

(株)ジー・エフ
TEL:0120-18-4477
E-mail:
webmaster@gf-net.co.jp
お問い合わせフォーム
このページのトップへ戻る
HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー | 採用情報 | サイトマップ | お問い合わせ
株式会社ジー・エフ 〒112-0012 東京都文京区大塚3-20-1吉田ビル TEL : 03-5978-2261 FAX : 03-5978-2260